<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
Who am I ? -SV-
FREESPACE 1
※お知らせ※
誠に勝手ながらこのブログを
終了させていただきます。
今までチェックしてくれたみなさん
ありがとうございました!!!
新しいブログはこちらです☆
★気になる君★
またチェックしてもらえたら
嬉しいです!よろしくです!!


歌詞が無い場合はLINKページで
他の歌詞検索サイトをチェック♪
CATEGORY
ARCHIVES
FAVORITE SONG
フラワーカンパニーズ
『深夜高速』



生きててよかった


生きててよかった


生きててよかった


そんな夜を探してる





うつ病 症状チェック


うつ・不安啓発委員会 UTU-NET


自殺予防 こころの耳
SEARCH
FREE SPACE
FREE SPACE
RSS 1.0  ATOM  0.3
みんなのブログポータル JUGEM

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | スポンサードリンク |


Cocco 『陽の照りながら雨の降る』
2006年第2弾シングルは、Coccoの“愛”と“希望”と“祈り”が込められた
凛々しくも優しい、壮大なるミディアムバラード。
まずはこのコラムを読んでから、この曲を聴いてほしい。
Coccoの“想い事”が歌と重なり合った時、きっと皆も同じように
Coccoの暖かな陽(心)を感じ、Coccoの哀しげな雨(涙)を感じるだろう。
アコギの弾き語りから始まり、ピアノが想い出を呼び起こす。
それをオブラートで優しく包むようなCoccoの歌は、温かいようでいて
でも一粒の雨が降ろうものなら、一瞬にして崩れ去ってしまうような
とても繊細で、深い深い歌。。。
そこへ徐々に音が増していき、本来あるべき大地の鼓動がよみがえる。
そして、総勢70名のコーラスを伴う皆の想いで、心の強さを増し
壮大なクライマックスへと・・・。
だが、それが一瞬にして消えてしまうあの終わり方は
夢を見ていたかのようで、心に大きな穴を残し
どうにかしなければという思いが、その穴を埋め尽くすのであった。
“恋しい 愛しい 逢いたい 守りたい あなたを”
基地の無い、美しい沖縄を。。。
初回限定盤:ボーナスディスク(8cm CD)封入
※映画 「ヴィタール」 エンディングテーマ曲 『blue bird』 収録

☆☆☆
ザンサイアン (初回限定盤 DVD付)
Cocco

オフィシャルサイト
(2006/06/21)
試聴
ビクターエンタテインメント
Amazonで詳しく見る
初回限定盤:『日の照りながら雨の降る』
『Swinging Night』 ビデオクリップ収録
検索用 コッコ こっこ あっちゃん
人気ブログランキング ← 参考になった方は、こちらをクリックお願いします!
| 邦楽 【 ク ケ コ 】 | 16:44 | comments(4) | trackbacks(4) | q羽p |


スポンサーサイト
| - | 16:44 | - | - | スポンサードリンク |


TB返しありがとうございます。

この素敵な写真、見て、どうとらえましたか?

ボクにはとっても素敵な女性に見えました。
ハミングでもしながら幸せいっぱいで海に歩く姿を
微笑みながらカメラを向ける彼氏、、、のような。

自分の彼女にみせてみると、なんだかちょっと寂しそうな風景に見えると言っていました。
| mk163 | 2006/06/04 10:17 PM |
mk163 さん、ありがとうございます☆
あなたのブログに書いてあること、納得です。
でも「歌うべきもの」のテーマが変わったというよりも
表現が変わったのかなって思います。
柔らかく、そして誰かがそばにいてくれるという安心感が
自然と出ているような感じでしょうか。
だから、ジャケ写真は警戒心がなく揺れてる♪
でも、心に思うことは変わってないので
もしかしたら、泣いているのかもしれない。
そこから離れれば離れるほどね。
人の温かさに触れているうちはいいけど
ひとりになった時の彼女が、少し心配でもあります。

なんて、少ししかCoccoを知らない私なので違うかもしれませんが、汗。
| q羽p | 2006/06/04 11:39 PM |
なるほど。

自分ももちろん彼女のことは全然分からないけれど、勝手に歌から彼女の事を想い察し、勝手に自分たちの中に構築された各々のCoccoがいて、それをまた一枚の写真を見ながら想いを馳せ論じる、、、楽しいですね。

それこそ表現者として人前に立ち、メッセージを発信する人のあるべき姿の1つの形だと思います。
| mk163 | 2006/06/06 2:40 AM |
色んなCocco像があるんだろぅなー。
自分と共通する部分が、結構そうだったりして。
| q羽p | 2006/06/07 6:01 PM |










ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。

http://qhanep.jugem.jp/trackback/158
「陽の照りながら雨の降る」cocco
幼い頃、 私の頭は世界をシンプルにしかとらえていなかった。 「砂糖」は「甘い」。 「夏」は「暑い」。 「雨の日」は「日は差さない」。 「そういうもの」だと、信じきっていた。   そんな幼い日のある時のこと。 ちょうど季節は、今と同じ5月か6月の天気が不安定
| スタヂオ学び舎日誌 | 2006/05/26 3:39 PM |
陽の照りながら雨の降る
Coccoちゃんの新曲が出ましたよ。 PVは是枝監督なのだね。ちょっと驚いた。 まだCMしか見れていないので、アルバムは限定のDVD付きでぜひ。 CMだけでも、あの空気感はやはり揺るがないのだな。 おどろおどろしい時のじゃなく、自然の、故郷の中にいる彼女は。 私は彼女
| だらだら日記 | 2006/05/26 5:31 PM |
山、動く日に 燦々と 雨
Coccoの新曲、『陽の照りながら雨の降る』。 完全復活を遂げたCocccoに自分が期待してしまうのは「狂気」。たくさんの「狂気」を見せられ、それに魅せられてきたから、彼女の「痛み」をたくさん見てきたから、復活は歓喜で、再会に涙したけれど、元来、自分が彼
| SPIKECODE:163 | 2006/06/03 12:54 PM |
音楽ダウンロード配信0
■【邦POP s】ばらいろポップ/SINGER SONGERMon, 28 May 2007 11:04:00 0900... 新曲かと思ってたら2005年の作品だったんですね(^^ SINGER SONGERはCoccoをボーカルにしたバンドで、 僕はCoccoの歌をぜんぜん知らなかったんだけど、 上のフレーズの曲『初花
| 音楽ダウンロード配信 | 2007/05/28 11:01 PM |
<< ディクシー・チックス 『Not Ready To Make Nice』 | main | アポジー 『ゴースト・ソング』 >>