<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
Who am I ? -SV-
FREESPACE 1
※お知らせ※
誠に勝手ながらこのブログを
10月末にて終了させていただきます。
今までチェックしてくれたみなさん
ありがとうございました!!!
新しいブログはこちらです☆
★気になる君★
またチェックしてもらえたら
嬉しいです!よろしくです!!


歌詞が無い場合はLINKページで
他の歌詞検索サイトをチェック♪


カード型USBドライブ「U510」
日本語マニュアルが付属しているのは
U510 Shop だけ!
CATEGORY
ARCHIVES
FAVORITE SONG
フラワーカンパニーズ
『深夜高速』
MP3 WMA 無料
世田谷夜明け前

生きててよかった 生きててよかった


生きててよかった そんな夜を探してる





うつ病・睡眠障害・薬物依存 Q&A


うつ・不安啓発委員会 UTU-NET


社会不安障害情報サイト SAD NET


社会福祉ネットワーク ひきこもり情報


金曜かきこみTV いじめ掲示板
 
SEARCH
FREE SPACE
FREE SPACE
RSS 1.0  ATOM  0.3
みんなのブログポータル JUGEM
SEO|SEO対策
SEO対策でアクセスアップ

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | スポンサードリンク |


Vongaku の中毒性ある音楽世界
まえおき : 正直、まだ紹介したくなかった音楽なのですが
しばらく、いい音楽を紹介出来そうにもないので。。。
私と音楽の好みが似てる人は、絶対ハマると思います!!!
(とは言っても、私の好きなジャンル広いからね、汗)
まだ、彼らの音楽は生まれたばかりなので
目をつけるなら今のうちですよ!
自分を取り囲む生活や他人との関わり、 またはその世界観
(生活の中におけるささいな感情や感覚を記憶に留める過程)
などを再現するのが目的。
感情に繋がる第6感や、無意識下へのアプローチを意図的に作り出す事
そういった生活の中でのちょっとしたマジックを、音楽で表現したい。
このメッセージ通りの音楽を、3人編成グループの Vongaku が届けてくれた。
Vongaku (ヴォンガク)とは、「音楽」+「文学」 の言葉を合わせた造語で
創造的想像力によって生まれた感覚、言わば第6感によって創り出された
中毒性ある感情音楽のことだと、私は思う。

O.S.T (geskia!) (track / chorus)
chori (詩人 / rap)
paranel (track / rap / singer)

それぞれが内に闇を持ち、ひとりでも闘える力を持っているにも関わらず
互いにその闇を確認するうちに、必然的に生み出された Vongaku の音楽は
この世にある闇の感覚を支配し、闇自体を見えなくしてしまうような
そんな魔力が秘められている。

『深海魚』
聴いた瞬間、その世界に引きずり込まれるこのスゴさ!
前半は、底深くでうごめくドロドロとした感情が気味悪いものの
chori の冷めたポエトリーディングが、その暗い世界で
しっかりと存在を残している。
後半は、もっとスゴい。
“若者は精神病好き なんていうのはまだ序の口”
精神病好き・・・確かに、納得。
ここからのトラックは、まさに神業!
タイミングとかバランスとか、geskia! と paranel の頭の中は
どうなってるんだろぉーー!!
第6感で創られたこの感覚、バラバラな音が彼らの手によって
絶妙にミックスされている。
そして paranel の浮遊感漂うコーラス“びょうきぃ〜”
やばいよ、気持ちいいよ、病気だよ、笑。
彼の声って、好きだ。
底深くにある声そのもので。
だから、終わりなんか泣きそうになった。
“繋がりたい” まさに、このひと言に限る。。。

地をしっかりと歩く、安定した chori
空を浮遊する、不安定な paranel
音を操る、geskia!(動)と paranel(静)


傷みを持った者が創り、そして聴いているからだろうか。
彼らの世界に浸っていると、変な感覚に陥りながらも
自分の傷がぼやけて消えてしまうような、そんな不思議な世界を
見せてくれる。
ノイズの中にある美しさが、癒してくれているようだ。

Vongaku の世界観に魅了された私。。。
もしかすると、その一部になれるかも???
彼らの今後の動きに注目です!
| 邦楽 【 イ ウ エ オ 】 | 18:03 | comments(1) | trackbacks(0) | q羽p |


いきものがかり 『コイスルオトメ』
デビューシングル 『SAKURA』 で一気に注目を集め、さらに2ndシングル
『Hanabi』 が、アニメ 「BLEACH」 エンディングテーマになったことで
初登場5位を記録した、3人組ユニット“いきものがかり”の
3rdシングル 『コイスルオトメ』 が発売になります☆
タイトル曲は、インディーズ時代からファンに支持されていたナンバーを
リアレンジしたもの。
ライブでも常に演奏され大人気のこの曲は、タイトルどおり
恋する乙女心を歌い上げた、切なくも壮大なバラード曲となっています♪
始まりの、ピアノとアコギとストリングスの美しいメロが心地良く
そのまま聴いていたい気もするけど、バンドサウンドの勢いは
やはり欠かせないわけで・・・。
“好きだよ大好きだよ いつまでも一緒
 恋するあなたには あたしだけなの”

ストレートで力強いサビもいいけど、AメロBメロの愛しい想いが
切々と感じられる裏声部分が、ものすごくキュンとなってしまいます
私は、このぐらいの歌い方が好きだなぁ☆
サウンドレスになるサビ部分では、さらに愛しさが倍増!
この曲を聴いちゃうと、恋をしたくなる人続出でしょうねw
日本テレビ系 「恋愛部活(ラブカツ)」 10月度エンディングテーマ
日本テレビ系 「音楽戦士」 11月パワープレイ
カップリングの 『二輪花』 は、映画 「チェリーパイ」 主題歌となっています♪
10/20 テレビ朝日 「ミュージックステーション」 20:00-20:54
12/06 には、早くも4thシングル 『流星ミラクル』 が発売☆

人気ブログランキング ← 参考になった方は、こちらをクリックお願いします!
| 邦楽 【 イ ウ エ オ 】 | 18:04 | comments(6) | trackbacks(15) | q羽p |


オトナモード 「憧れの花」
平均年齢22歳の若き音楽家たちが奏でる、繊細でドラマティックな音世界。
音を描き色を奏でる、印象派アコースティックギターロックバンド
オトナモードの2ndミニアルバム 「憧れの花」 が、メジャーより発売となります☆
今年2月にインディーズより発売した1stミニアルバム 「小さな旅」
各方面で話題を呼び、誰もがその音世界に惹きこまれていくという
この不思議ワールド☆
1stが発売する前に、知り合いが注目していたので
彼らのことは知っていたのですが、何か物足りず・・・。
しかしこの2ndは遥かに1stを越え、理想の音世界に近づいてる感じです!
『どこか遠くへ』 や 『木の実あつめ』 の懐かしくも切ないモードは
一瞬にしてVo.高橋啓太の透明で温かい歌声に、優しく包まれます☆
そして存在感あるサウンドが、それを取り巻く空気に色を付け
憧れの花がゆっくりと開いてゆく・・・。
素敵すぎます♪
オフコースやポラリス、70年代のポップスが好きな人におすすめ!
excite music にてコメントに合わせ、リード曲 『線路は続くよどこまでも』 が
半分くらい聴けますよ☆
☆★☆
憧れの花
オトナモード

オフィシャルサイト プロダクションサイト
(2006/09/21)
全曲試聴 インタビュー
ビクターエンタテインメント
Amazonで詳しく見る

人気ブログランキング ← 参考になった方は、こちらをクリックお願いします
| 邦楽 【 イ ウ エ オ 】 | 17:55 | comments(4) | trackbacks(3) | q羽p |


エヴリ・リトル・シング 『ハイファイ メッセージ』
今年8月にデビュー10周年を迎える Every Little Thing の
記念すべき30枚目となるシングルが発売!
今作は初夏にふさわしい、爽快なミディアムダンスナンバー☆
4つ打ちのリズムに、様々なサンプリング音が飛び交う中での
持田香織の無邪気で甘い歌は、今までにないくらいかわいくて大好きだ♪
多分、ビデオクリップを観ながら聴いてるからだろうなぁw
彼女のファッションスタイルとドミノとが、うまくマッチしてて
ひとつひとつのカラーバリエーションが素晴らしい!!
そしてなんといっても、持田香織のナチュラルな表情を見ていると
幸せ気分になってくるーーー♪
デビュー10周年というのに、全然色あせなく
むしろ、どんどんパワーアップしていくような気がするね!
TBSテレビ系 「王様のブランチ」 6・7月度エンディングテーマ
インタビュー掲載 ※PVフル視聴あり 「oricon style」
「livedoor music」 「Yahoo!動画」 「goo音楽」 「BARKS」 「ShowTime」
8/9にはニューアルバム 「タイトル未定(初回限定限定盤 DVD付)」
そして、ビデオクリップ集第4弾が発売予定!

人気ブログランキング ← 参考になった方は、こちらをクリックお願いします!
| 邦楽 【 イ ウ エ オ 】 | 23:55 | comments(2) | trackbacks(2) | q羽p |


オーバーグラウンド・アコースティック・アンダーグラウンド
MARTIN(Vo,A.Gt,Violin)、KAKUEI (Percussion)
そして BRAHMAN のメンバー全員参加のニューバンド
OVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUND が遂に始動☆
MARTIN と TOSHI-LOW の出会いから早1年、互いに生まれ持ったセンスと
アイデアが一気に溶け合い、全く新しい希有なバンドが誕生。
アコースティックギター、アップライトベース、ドラム、パーカッション
そしてヴァイオリンを用いて奏でる彼らのサウンドは実に独創的で
アコースティックといったカテゴリーを超越しています!
今作には、昨年11月にリリースされたデザインチーム 7STARS の
10周年記念オムニバス 「THE BASEMENT TRACKS」 に収録された
『Dissonant Melody』 をリアレンジして収録。
そして iTunes Music Store でダウンロードされている、話題のシングル
『Memories』 『Black and Blue Morning』 も収録されています。
この2曲いいですよ!
試聴でやられたので、思わずダウンロードしちゃいました!!
『Black and Blue Morning』
アコギの高音ツインハーモニーが美しい!
そして、どこか懐かしく力強いキャッチーなサビが
哀愁漂いながら次のメロへと行く様が、なんとも切なくて。。。
ほんとはFMで聴いたのが最初なんだけど、重低音で聴いたからか
ベースの音が、深く響いてきて良かったですよ♪
でも、iTMSのは全く聴こえてこない、汗。
ちゃんとしたオーディオなら、聴こえるのかなぁ?
『Memories』
このヴァイオリン、うっとりさせすぎです!美しい!!
もっとソロ聴きたかった!!!
ほんと、すごいねー彼らの音楽♪
こんなに懐かしさ感じる曲を、OAU流にアレンジして新鮮にしてしまうんだからw
そして、妙になまりある歌が中国語っぽく聴こえるから不思議☆
これはこれで、彼らの特徴ともいえるww
アルバム発売まであと1ヶ月、他の曲のサウンドが気になってしょうがない。
各楽器が繊細に演奏され、メロディアスに重なり合う瞬間を想像するだけで
ほんと、わくわく待ち遠しくなってしまうのだった☆
初回封入特典:?
☆★☆ OVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUND (試聴3曲)
OVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUND
OVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUND

オフィシャルサイト レーベルサイト
(2006/07/12) 試聴 (1曲)
トイズファクトリー
Amazonで詳しく見る
@TOWER.JPで詳しく見る

人気ブログランキング ← 参考になった方は、こちらをクリックお願いします!
| 邦楽 【 イ ウ エ オ 】 | 18:36 | comments(3) | trackbacks(5) | q羽p |


唄人羽 『寄りそって咲く花』
安岡信一と本多哲郎によるフォークデュオ、唄人羽(うたいびと はね)が
3年半ぶりに待望のアルバムを発売!
先行シングル 『Border』 『リライ』 を含む全10曲☆
人は何かに依存しながら生きていく・・・という 『リライ』 を1曲目に。
この曲の出だし、バンプっぽくて好きです♪
でも、彼らみたい壊れそうな強さではなく、温められた強さみたいな
また違った魅力が、そこから溢れ出ています。
“僕は君の声が聞きたい・・・そばにいたい・・・僕は君にリライ”
君に依存していた僕が、最後には二人で幸せな未来を誓う
『寄りそって咲く花』 をラスト曲に。
“やがて生まれてくる二人の奇跡 君と生きてゆこう”
この曲は、唄人羽の女性マネージャーが結婚するにあたり作られたもの。
なので、結婚ソングの名曲として歌われること間違いなしです!
キャッチーなメロに、互いを思いやる歌詞は
誓いの言葉になるぐらいの、強い決意を心に刻み込んでくれます!!
そして後半、大勢の人からの祝福ともいえるコーラスがすごく感動的なので
ほんと、二人の目には涙でいっぱいになることでしょう。。。
恐るべし、唄人羽の歌力!!!
8/18「be here…」 の楽譜が発売♪
初回限定盤:『リライ』 のビデオクリップを収録したDVD付 (PV撮影オフショット)
☆★☆
be here...(初回限定盤 DVD付)
唄人羽

オフィシャルサイト レーベルサイト
(2006/05/24)
フル視聴 試聴 旧作試聴
フォーライフミュージックエンタテインメント
Amazonで詳しく見る
☆★☆
アコギで歌おう唄人羽
全曲集―やさしく弾ける (楽譜)

唄人羽

オフィシャルサイト
(2006/04/28)
『小さな星の小さな旅人』 から 『リライ』 までの
全49曲を収録!
ドレミ楽譜出版社
Amazonで詳しく見る

人気ブログランキング ← 参考になった方は、こちらをクリックお願いします!
| 邦楽 【 イ ウ エ オ 】 | 23:52 | comments(2) | trackbacks(0) | q羽p |


エゴラッピン 『Mother Ship』
結成10周年を迎えた彼らの、1年8ヶ月ぶりとなるニューアルバムが発売☆
満を持して解き放つメモリアルアルバムは、正に彼らの無限を確信させる大傑作!
この中からの第1弾リード曲 『Mother Ship』 は
疾走感溢れるロック / スカ / スウィングを織り交ぜた、キラーチュン♪
パワフルで繊細なビッグバンドサウンドが堪能できます!
いつもそうだけど、Vo.中納良恵のじわじわと惹きこんでくる歌声を
ちょっとでも聴いてしまうと、そこから逃げられなくなる、笑。
特に伸びる声が、さらに広がる時の気持ちよさといったら☆
でも今回は、サウンドにも耳がいってしまう。
ギターのスカリズムをベースに、トランペットやサックスの美味しい音
キーボード?の異空間音、変なゲロゲロ音がまた面白いw
このサウンド構成を聴いてしまったら、他の曲も聴くのが楽しみですね!
ポッドキャスティング番組 「NETZ_MUSIC」 に出演!
配信期間 vol.1 5/10〜5/16 / vol.2 5/17〜5/23
★☆★
ON THE ROCKS!
EGO-WRAPPIN’

オフィシャルサイト
(2006/05/17)
試聴なし
トイズファクトリー
Amazonで詳しく見る

人気ブログランキング ← 参考になった方は、こちらをクリックお願いします!
| 邦楽 【 イ ウ エ オ 】 | 12:24 | comments(2) | trackbacks(1) | q羽p |


エア・ドライブ 『Novel〜愛とはつまり〜』
シングル 「ONE'S」 以来、9ヶ月ぶりの新作を発売!
今作は、Vo.谷 翔平が親友の結婚をきっかけに作ったという
愛しい女性へ贈るラブソングになっています♪
夢、希望、願いを詰め込んだ歌詞は、照れくさいほどストレート。
“僕が夢を描き終わるまで 隣で連れ添ってくれないか”
“光も闇も全部全部持って 二人で分け合おう”
こんなふうにプロポーズされたら、素敵ですよね☆
後半Vo.谷のひた向きな盛り上がり、ほんと感動ものです!!
力強いサウンドからは、いちばん大切な人生の決心を
サビの壮大なメロディからは、幸せへの誓いを
胸に熱く感じることが出来ます♪
無料PCテレビ GyaO 音楽番組
「Clip ring」 にて 『Novel〜愛とはつまり〜』 PVが4/23正午までON-AIR

TBS系テレビ『王様のブランチ』 4・5月度エンディングテーマ

人気ブログランキング ← 参考になった方は、こちらをクリックお願いします!
| 邦楽 【 イ ウ エ オ 】 | 17:44 | comments(2) | trackbacks(1) | q羽p |


おおはた雄一 「ふたつの朝」
何となく 「いいなぁ」 と思っていた彼の音楽。
それが 「いいーーーー(〃▽〃)♪」 に変わった瞬間が
ワイゼンボーンという楽器を用いての生演奏を聴いてから☆
『エゴトレイン』
ギターみたいな楽器をひざの上に置いて (こんな感じ)
金属のバーで押さえながらスライドし、琴みたいに弾くらしいんだけど
これが、ハワイアンっぽい音が出てスゴイの♪
ひとつの楽器なのに、色んな音が一度に出てくる感じ!!
これを使ってのブルース調のこの曲は、ほんと渋くてカッコいい!!!
でも、この特急トレインに乗っているのは、ユーモアたっぷりのゆる〜い歌☆
このアンバランスさがいいんだよね〜、大好きだw
ライブではさらに音の幅が広がり、エゴトレインの情景が膨らむらしい!
『ふたりの音楽』
かねてから、おおはたファンであることを公言してきた
持田香織 (Every Little Thing) が、デュエットで参加している曲。
二人のゆる〜い歌がとても相性よく、心地良い♪
トランペット?の音がまた柔らかくて、二人を見守るかのようにリードしている。
だめだぁ、心地良すぎて眠くなってきたよ、笑☆
インタビュー:  
☆☆☆
ふたつの朝
おおはた雄一

オフィシャルサイト
(2006/03/08)
試聴
ワーナーミュージックジャパン
Amazonで詳しく見る

人気ブログランキング ← 参考になった方は、こちらをクリックお願いします!
| 邦楽 【 イ ウ エ オ 】 | 21:41 | comments(2) | trackbacks(0) | q羽p |


エレクトリックギュインズ 「VICB-60012」
度々お世話になっている方(一方的だけど、汗)から、紹介してもらいました!
知ってると思うけど・・・と言われたが、うむむ知らないぃ。
と思いつつも、彼らのサイトをチェックしてみたら、こんなプロフィール。
「メンバー全員社会人。平均年齢34歳。」
あっっ、平均年齢34歳!数日前にチェックしてたよ、このバンド!!
でも、34歳かぁと思って試聴しなかった私、汗。
ごめんなさいです。。。
だって、今ちゃんと試聴して自分の間違いに気付いたからであります。
想像してたのと違って、濃くない!
ありきたりなロックかと思いきや、すごく斬新!!
ほんと、哀愁全開珠玉のメロディ集となってます☆
捨て曲なしーーー!!!
『アブラカダブラハニー』
不思議な音感覚を与えてくれます♪
何なんでしょう、あの組み合わせは!!
曲の色に合わないギターの音なのに、なぜか魔法をかけられたかのように
何回も聴いてしまった。
一聴へんてこだけど、好きだ♪
『あいにいく』
出だしの低い声に、何だかくすぐられました。
サビの美メロに裏声は卑怯です、笑。
『たりない言葉』
フリーシングルとして、全国主要大型CDショップにて無料配布中だそうです!
ボーカルの歌声、そしてギターとキーボードの音が時折美しく・・・。
ほんと、魅力あるバンドです!
ちゃんとつかむところはつかんでくる、だから飽きない♪
☆★☆
VICB-60012
エレクトリックギュインズ

オフィシャルサイト
(2006/03/15)
試聴 フル視聴
BabeStar
Amazonで詳しく見る

人気ブログランキング ← 参考になった方は、こちらをクリックお願いします!
| 邦楽 【 イ ウ エ オ 】 | 23:54 | comments(2) | trackbacks(2) | q羽p |