<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
Who am I ? -SV-
FREESPACE 1
※お知らせ※
誠に勝手ながらこのブログを
終了させていただきます。
今までチェックしてくれたみなさん
ありがとうございました!!!
新しいブログはこちらです☆
★気になる君★
またチェックしてもらえたら
嬉しいです!よろしくです!!


歌詞が無い場合はLINKページで
他の歌詞検索サイトをチェック♪
CATEGORY
ARCHIVES
FAVORITE SONG
フラワーカンパニーズ
『深夜高速』



生きててよかった


生きててよかった


生きててよかった


そんな夜を探してる





うつ病 症状チェック


うつ・不安啓発委員会 UTU-NET


自殺予防 こころの耳
SEARCH
FREE SPACE
FREE SPACE
RSS 1.0  ATOM  0.3
みんなのブログポータル JUGEM

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | スポンサードリンク |


イーグルス・オブ・デス・メタル 『I Want You So Hard』
Queen Of The Stone Age の中心人物である Joshua Homme が
ギターをスティックに持ち替え、ドラマーとして参加している
話題のバンド Eagles of Death Metal の、2ndアルバム
「Death by Sexy(セクシー天国)」 が、日本リリースとなります♪
生々しく毒々しく、そして狂おしいほどにセクシーなロックサウンドが
溢れた作品となっています!
リード曲でもある 『I Want You So Hard』 のビデオクリップには
Dave Grohl (Foo Fighters)Jack Black らが出演してるんですけど
このビデオ、面白いよぉ☆
ギターからでる音の威圧風によって、服が脱がされるという、笑。
ちょっとセクシーな場面あり!?
いやいや、映像が楽しめるのはもちろんだけど、曲のノリが最高にいい!!
所々に入る低音ボイスは、ものっすごく存在感あって味があるし
そして、何といってもギターソロがやっぱカッコいいねー!
このアルバム全体では、まず先に昔っぽい音楽だなぁと感じるんだけど
でも、どこか新鮮な風も感じるので、わりと聴きやすいのではと思います♪
08・10・13曲目あたり、気に入りました!!
特に10曲目、狂うにはもってこいですねw でも、笑っちゃったー。
そして13曲目、意外な曲調で驚いた!
ぜんぜんデスメタルじゃないです、爽やかぁーで心地いぃー♪
全曲、聴いてみるもんですねぇw
日本盤:ビデオクリップ 『I Want You So Hard』、ボーナストラック収録

人気ブログランキング ← 参考になった方は、こちらをクリックお願いします!
| 洋楽 【 A B C D E 】 | 17:23 | comments(3) | trackbacks(1) | q羽p |


デルタ・グッドレム 「Innocent Eyes」
1stアルバム 「Innocent Eyes」 が、オーストラリアだけで100万枚を突破
全世界で230万枚のセールスを達成!
29週間1位の新記録を樹立など、世界的に人気がありながらも
日本デビューがまだだった、シドニー出身 21歳の歌姫 Delta Goodrem が
いよいよ日本デビューします!
日本独自企画盤でありデビュー盤となる本作は、5曲のNo.1シングルを輩出した
過去2枚のアルバムから6曲ずつセレクト、そして映画の主題歌を含む
新曲2曲(M5,M10)の、計14曲が収録。
厳しい闘病生活を克服した後の、2ndアルバム 「Mistaken Identity」
さらに超えたこの新曲、生死と向き合った彼女でしか表現出来ないであろう
感情が、『Flawed(フロード)〜埋まらないパズル』 に込められています。
壮大で力強いバラードに乗せて歌う彼女の、確かなる歌唱力。
生命力溢れているので、何かと闘っている人にぜひ聴いてほしいです!!
11月公開映画 「アジアンタムブルー」 主題歌 (主演:阿部寛、松下奈緒)
“愛する人の死を目前にして、自分はいったいなにができるのだろう?”
末期ガンに侵された恋人役として、TVドラマ 「タイヨウのうた」 に出演していた
ピアニスト 松下奈緒が、演じています。(劇中曲演奏)
Delta Goodrem と同じようにガンと闘うこの映画も、注目です。
あと、オーストラリア政府局のCMがあるんですけど
これ、すごく感動します!! YouTube で視聴 
『I can sing a rainbow』 子守唄のような温かさがありつつも、切なる想いが
苦しいほどにギュッと込められた、キラキラと美しい歌になっています☆
☆★☆
Innocent Eyes
Delta Goodrem

オフィシャルサイト 期間限定特設サイト
(2006/10/11)
全曲試聴 フル視聴  MySpace
ソニーミュージックエンタテインメント
Amazonで詳しく見る

人気ブログランキング ← 参考になった方は、こちらをクリックお願いします☆
| 洋楽 【 A B C D E 】 | 01:21 | comments(2) | trackbacks(14) | q羽p |


アソビ・セクス 『Thursday』
日本人女性ヴォーカル Yuki Chikudate を中心とした、ニューヨークを拠点とする
4人組ドリームポップバンド、Asobi Seksu 。
今年5月に発売された2ndアルバム 「Citrus」 より、『Thursday』 が
iTMS にて無料配信♪
この曲は他の収録曲と比べて、ヴォーカルが一味違います!
透明感が増し、高声の伸びがいいので聖域な空気が感じられます。
サウンドもそれに伴い、キーボードの澄んだ世界との絡みが非常に良い!
で、意外なのはドラムとベースの渋い低音リズムが
この世界に、ピッタリとはまっていること!!
すっごくカッコいい!!!
他の曲もそうなのだが、サウンドカッコいい!!!
特に 『Red Sea』 の戦闘的なドラムのリズム☆
オフィシャルで半分は試聴出来るので、ぜひ聴いてみて下さい!
このバンドには、もう1人のヴォーカル James Hanna がいるのだが
彼メインの曲 『Pink Cloud Tracing Paper 』 もいいです!
またまた、ドラムの高速連打がw
正直彼らの音楽は、サウンドだけで満足出来る部分あり☆
キュートすぎるヴォーカルなしの、インストで一度聴いてみたい。

人気ブログランキング ← 参考になった方は、こちらをクリックお願いします!
| 洋楽 【 A B C D E 】 | 11:59 | comments(1) | trackbacks(0) | q羽p |


カーシヴ 『Dorothy at Forty』
前作 「Ugly Organ」 のヒットにより、USインディシーンにおいて
確固たる不動の地位を築いた Cursive のニューアルバムが日本先行発売!
ホーンセクションを導入した大胆なサウンドアプローチで、架空の町
「Happy Hollow = 幸せの谷」 を舞台に、現代のアメリカが抱える問題を
浮き彫りにした 「Hymns for the Heathen = 異教徒への賛歌」 を
歌い上げる、意欲的な作品となっています。
『Dorothy at Forty』
心地良い、アンビエントなサウンドから始まるこの曲。
徐々にエスカレートし、バンドサウンドへと変わる瞬間
ちょっとブルッとしてしまった。
こういう箇所が後半にも出てくるのだが、このサウンドの使い方
気の緩みに容赦なく襲い掛かってくるので、ほんと刺激的だw
キャッチーなサビも、文句なしにいい!
そして、ブラッシングなどの細かなギタープレイや
ホーンセクションの鋭いサウンド、低くて太いベースのメロも
重要な位置にあり、全体的なサウンドバランスが非常にいい!!
結成して11年のバンドでも、こういう斬新な曲が作れるなんてねー。
日本のバンドもほんと負けないで、どんどん新しいことに挑戦してほしい!
最近、邦楽でいい曲ってないんだよねぇ。。。
日本盤:ボーナストラック2曲収録
★☆★
Happy Hollow
Cursive

オフィシャルサイト レーベルサイト
(2006/08/16)
試聴 MySpace ※フル試聴 
SideOutRecords
Amazonで詳しく見る
カーシブ
人気ブログランキング ← 参考になった方は、こちらをクリックお願いします!
| 洋楽 【 A B C D E 】 | 16:24 | comments(2) | trackbacks(0) | q羽p |


ビーズワックス 『So Young Still』
ノルウェーの4人組ポップバンド Beezewax が、4年ぶりに戻ってきた!
昨年、ノルウェーで発売された4thアルバム 「Who To Salute」 が
日本の Thistime Records より、満を持しての発売!
Mew や Copeland と並び称されるその美しさは、彼らがずっと追い求めてきた
サウンドであり、その集大成とも言える最高傑作!!
このアルバムの中でも 『So Young Still』 の美しさといったら
もう、そこら辺にいるバンドに負けないほど!
特にボーカルの甘い歌声が、エモい♪
ハモると、もっとエモい♪
途中のギター音だけは、ちょっと好みじゃないけど、汗。
他の曲ではピアノも入ってくるので、よりメロディアスな世界を楽しめます☆
『The Cosmonaut』 の終わり方なんかは、宇宙から地球を見たときの
美しさを歌っているかのような、感動的な静けさというか
穏やかさというか、とにかく癒されますw
こういうシンプルなサウンドの方が、好きだなぁ☆
日本盤:ボーナストラック2曲 / 解説・歌詞・対訳付 /
オリジナルジャケット・デジタルリマスター仕様

人気ブログランキング ← 参考になった方は、こちらをクリックお願いします!
| 洋楽 【 A B C D E 】 | 20:32 | comments(0) | trackbacks(0) | q羽p |


エンジェルズ&エアウェーヴズ 『It Hurts』
昨年活動休止したブリンク182 のギタリスト=トム・デロングが
オフスプリングのドラマー=アトム・ウェイラードと新バンドを結成!
その彼らの1stアルバム 「We Don't Need to Whisper」 が発売されました☆
“明日は人生で最もハッピーな日かもしれない”という、前向きなテーマを基に
全体的に、未来宇宙を想像させるサウンドが多く使われています♪
『It Hurts』 は、オフィシャルサイトにて視聴出来るのですが
このショートフィルムの出来、素晴らしいです!!
そして、始まりからゾクゾクッとするぐらいのサウンドアレンジは
鳥肌ものですよ☆
ボーカルの後味残るような歌声もいいし、リフってくるサビも
もーーーう、全てに惚れたw
日本盤:エンハンストにて 『The Adventure』 のPVを収録
初回盤:ロゴ・ステッカー封入
★☆★ Angels and Airwaves
We Don't Need to Whisper
Angels & Airwaves

オフィシャルサイト レーベルサイト
(2006/05/17)
試聴 MySpace
ユニバーサルインターナショナル
Amazonで詳しく見る
検索用 エンジェルズ・アンド・エアウェーブズ エアウェーヴズ
今日の午後、MySpace で全曲フル試聴出来たんですよ!!
でも、今行ってみたら2曲しかなかったーー、残念。
オフィシャルサイト、すっごくかっこいいです☆
『It Hurts』 は流れるし、めちゃめちゃ感動♪
※プレイヤーは右下にあります。

人気ブログランキング ← 参考になった方は、こちらをクリックお願いします!
| 洋楽 【 A B C D E 】 | 23:56 | comments(2) | trackbacks(0) | q羽p |


ディクシー・チックス 『Not Ready To Make Nice』
テキサス出身のナタリー、エミリー、マーティの3人から成る Dixie Chicks 。
2003年、ブッシュ米大統領を批判したという報道が全米中を駆け巡り
各地のカントリー専門のラジオ局が、彼女達の曲の放送を
取り止めるという事態にまで発展して、話題となった。
この起きた騒動を、アルバムのリードトラックで大胆に表現!
彼女達のことは、この曲を聴くまでは全く知らなかった。
さらっと聴いた時、歌声が哀しげというか、想いが強いというか
とにかく、訴えてくるものがすごく感じられた。
もし日本語詞ならば、確実に感動してしまうだろうと思うほど。
早速彼女達をチェックしてみると、特別サイトにて
ビデオクリップがフル視聴出来るとのことw
観てみると、なんと日本語翻訳詞の字幕付き☆
でもこれ、ほんとリアルな感情をそのまま歌っているから、微妙だなぁ。
だから、サビがきたら字幕は読まず、歌メインで
彼女達の想いを感じとって下さい!!
オフィシャルサイトなら、いい音でフル試聴出来ます♪
☆★☆
Taking the Long Way
Dixie Chicks

オフィシャルサイト レーベルサイト
(2006/05/24)
フル試聴(6/24まで)
ソニーミュージックエンタテインメント
Amazonで詳しく見る

人気ブログランキング ← 参考になった方は、こちらをクリックお願いします!
| 洋楽 【 A B C D E 】 | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) | q羽p |


キャロライン 「Murmurs」
沖縄出身でLA在住の女性シンガーソングライター Caroline こと
Caroline Lufkin のデビューアルバムが、日本でも発売!
浮遊感あふれるミニマルビーツに、ピアノやハープなど生楽器を使用。
そこに彼女の透明で美しい歌声が溶け込むと、何とも言えない音世界が広がる☆
コーラスが重なるとさらにその透明感が増し、澄んだ空気に包み込まれ
目の前には、キラキラと光り輝くオアシスが出現するほどだ。
恵みの女神は、迷い込んだ心を存分に癒してくれる。
そこから抜け出せないほどに・・・。
人は不思議と、求めるものに出会うことが出来る。
彼女の音楽を知ったのも、ちょっとしたことがきっかけで。
あなたも、彼女の音楽に触れられたということは
きっと、同じものを求めているのかもですね♪
CDジャーナル4月号 レビュー掲載 (内容はAmazonにて)
the red alert インタビュー
日本盤:ボーナストラック収録 (シングルのカップリング曲)
☆☆☆ Caroline
Murmurs
Caroline

オフィシャルサイト ブログ
レーベルサイト 日本レーベルサイト
(2006/03/29)
試聴 MySpace ※4曲フル試聴!
Human Highway Record
Amazonで詳しく見る

人気ブログランキング ← 参考になった方は、こちらをクリックお願いします!
| 洋楽 【 A B C D E 】 | 15:19 | comments(0) | trackbacks(1) | q羽p |


コーム・カオス 『Freeride』
北欧はスウェーデンより、期待の大型新人ミクスチャーバンドが登場!
ロック+ヒップホップの融合とその爆発的演奏力は
大地を揺るがすほどの、ものすごい迫力!!
ツインベースとツインギターから放たれる攻撃的なサウンド
解き放つMC、そしてスクラッチや効果音の使い方
この全てが上手く重なることによって、こんなにも驚異的な
世界が作り上げられるのかといった感じだ☆
もう、とにかくカッコいい!!!
そして曲の最後まで抜かりなく、物哀しさを残してくるもんだから
さらに彼らの世界にやられてしまった。。。
ぜひ、PVを視聴してみて下さい!(ファイルが重いので気長に待ってね)
※日本盤のみボーナストラック2曲収録、さらに初回生産分にはステッカー封入

人気ブログランキング ← 参考になった方は、こちらをクリックお願いします!
| 洋楽 【 A B C D E 】 | 23:08 | comments(1) | trackbacks(0) | q羽p |


コリーヌ・ベイリー・レイ 『Like A Star』
BBC が選ぶ 2006年ブレイクが予想される新人アーティスト
「SOUNDS OF 2006」 にて第1位に選ばれ
全米アルバムチャートも初登場1位という、超大型新人が登場!
幼少時代はバイオリンに教会の聖歌隊、ティーン時代は
レッドツェペリンにのめり込み、ロックバンドを結成。
その後ジャズクラブで働き、歌い始めると同時に
音楽性はソウル〜R&Bへと変わっていった。
そんな、あらゆるジャンルをこなした彼女のUK1stシングルは
意外にも飾らない、そのままのオーガニックな音楽だった。
これがもう、たまらなく癒されるのだ♪
彼女が持つ本来の魅力を、十二分に堪能出来る作品となってます☆
※国内盤は7/12発売☆ Amazonで詳しく見る

人気ブログランキング ← 参考になった方は、こちらをクリックお願いします!
| 洋楽 【 A B C D E 】 | 17:59 | comments(0) | trackbacks(7) | q羽p |