<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
Who am I ? -SV-
FREESPACE 1
※お知らせ※
誠に勝手ながらこのブログを
終了させていただきます。
今までチェックしてくれたみなさん
ありがとうございました!!!
新しいブログはこちらです☆
★気になる君★
またチェックしてもらえたら
嬉しいです!よろしくです!!


歌詞が無い場合はLINKページで
他の歌詞検索サイトをチェック♪
CATEGORY
ARCHIVES
FAVORITE SONG
フラワーカンパニーズ
『深夜高速』



生きててよかった


生きててよかった


生きててよかった


そんな夜を探してる





うつ病 症状チェック


うつ・不安啓発委員会 UTU-NET


自殺予防 こころの耳
SEARCH
FREE SPACE
FREE SPACE
RSS 1.0  ATOM  0.3
みんなのブログポータル JUGEM

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | スポンサードリンク |


サンシャイン・アンダーグラウンド 「Raise the Alarm」
キャッチーなメロディと、ダンスフロアを意識したサウンドで人気の
英リーズ出身、4Pバンド The Sunshine Underground のデビューアルバム
「Raise the Alarm」 がリリースされます☆
The Music、The Killers など、ダンスロックなバンドが好きな人におすすめ!
日本ではインディレーベル数社が取り合いをするほど、アルバムの完成度は高く
1曲目から、重厚なベースが強烈な印象を残してきます!
2曲目 『Put You in Your Place』 は、さすが2ndシングルとなっている
だけあって、いつの間にか彼らのペースにハマっちゃいます♪
独特なボーカルの世界を、安定したダンサブルなビートがうまく抑え込むという
ハイテンションを超えそうになりながらも、ローテンションを保つ
このクールさ、カッコいい!!!
5曲目 『Commercial Breakdown』 は、3rdシングルとなった曲。
これまた、キャッチーだw
でも、そのひと言で片付けちゃいけない。
ベースをエフェクトしてるのかなぁ?
デジタル音に聴こえて、“ぶぉぉん”ってなる所、すごい好きw
6曲目、うわぁ!!こんな懐かしさ感じるしっとりとした曲もあるんだ♪
それも、音の使い方上手すぎです!!!
このアルバム全体的に、音のマジックが散りばめられてるから
聴いてて飽きない、素敵すぎる☆
10曲目 『My Army』 は、1stシングルとなった曲。
どうしても、ベースを追ってしまうw
後半の広がりは、気持ちよすぎでしょう!!
最後のベース音が、また。。。うわぁ。。。いいなぁ♪
ところで・・・
この全曲フル試聴出来るページ、やばいのかなぁ、汗。
でも、おかげで彼らの魅力が思う存分知ることが出来た!!
絶対これ、買いだわ
日本盤:期間限定スペシャルプライス、ボーナストラック4曲収録
★☆★
Raise the Alarm (期間限定価格盤)
The Sunshine Underground

オフィシャルサイト レーベルサイト
(2006/11/22)
フル視聴 MySpace
ソニーミュージックエンタテインメント
Amazonで詳しく見る

人気ブログランキング ← 参考になった方は、こちらをクリックお願いします!
| 洋楽 【 K 〜 Z ... 】 | 00:22 | comments(2) | trackbacks(2) | q羽p |


マイ・ケミカル・ロマンス 「The Black Parade」
04年のメジャーデビューアルバム 「Three Cheers for Sweet Revenge」
ブレイクを果たした、ニュージャージ出身の5人組 My Chemical Romance が
2ndアルバム 「The Black Parade」 をリリースします☆
待望の新作は、“重い病気を患った患者の元に訪れた死は奇妙なパレードだった”
という、演劇的なコンセプトアルバムとなっています。
先行シングルとしてリリースされた 『Welcome To The Black Parade』 が
まさに、このアルバムの全てを物語っているのだが
高貴なパレードに惹かれるように、徐々に勢いを増していくこのスゴさ!
壮大で力強いドラムが魂を揺るがし、エレキギターが死を讃えているかのようで
その感動的な世界といったら☆
でも、行き着く世界は普通なんだけどね、汗。
そのギャップがあるからこそ、生死の狭間から抜け出せなくなってしまうのだ。
天昇していく様が、とても美しくて・・・。
衝撃が走る終わり方もまた、やられるw
日本限定初回盤(12/06発売):ボーナストラック 『Hevean Help Us』 収録
スペシャルプライス、『Welcome To The Black Parade』 PV収録
輸入豪華限定盤(10/24発売):ヴェルヴェット地の豪華ロングケース仕様
ヴィクトリア調に仕上げられた64ページのブックレット
(ジェラルドの挿絵やアルバムメイキングノート他)、4枚のフォトカード

人気ブログランキング ← 参考になった方は、こちらをクリックお願いします☆
| 洋楽 【 K 〜 Z ... 】 | 21:01 | comments(0) | trackbacks(4) | q羽p |


リリー・アレン 『LDN』
MySpace で公開したデモが話題騒然となり、インターネットから火がついた
ロンドン出身の21歳、ストリート系シンガーソングライター Lily Allen が
遂に日本デビューします☆
1stシングル 『Smile』 が、UKシングルチャート2週連続1位を獲得!
1stアルバム 『Alright, Still』 は、UKアルバムチャート2位を獲得!
そして2ndシングルとなる 『LDN』 が、発売予定ということもあり
各FM局にて流れ始めましたw
『Smile』 ではスカテイストなのに、なぜか上品なフランスの匂いがするという
彼女が持つ独特な世界は、どこか小悪魔的なものが隠れています。
PVを観ると、さらにそれを感じることが出来るはず。
歌の雰囲気からは想像出来ないくらいのストーリー、そこまでやるのか!
みたいな・・・女性は怖いね、汗。
『LDN』 では同じテンポなのに、また違った世界が広がっています♪
サンプラーやキーボード、ホーンセクションなど様々な音が飛び交い
コミカルに色付けされ、キュートな仕上がりとなっています☆
パンク、スカ、レゲエ、ジャングルやドラムンベースなどを聴き
様々な音楽を吸収しているだけあって、このアルバムは
予想以上にカラフルなポップワールドが広がっているので、楽しめますよ!!
『Littlest things』 なんかは、ピアノのメロが哀愁漂っているので
より彼女のボーカルが美しく、なめらかに流れています。
日本盤が待ちきれない人は、輸入盤を♪
日本盤:ボーナストラック収録、CD-EXTRAでビデオ収録、スペシャルプライス
さらに初回盤には、スペシャルプレゼントが当たる応募券付

人気ブログランキング ← 参考になった方は、こちらをクリックお願いします!
| 洋楽 【 K 〜 Z ... 】 | 15:10 | comments(4) | trackbacks(2) | q羽p |


65デイズオブスタティック 『retreat! retreat!』
SUMMER SONIC 2006 に来日が決まっている、英国シェフィールド出身の4人組
65daysofstatic (シックスティーファイブデイズオブスタティック)。
2004年に発売された1stアルバム 「The fall of math」 の国内盤が
限定PV2曲を収録し、発売されます!
小気味いいブレイクビーツに美しいピアノ、そして狂暴性のある轟音ギター
サウンドが絡む、今までに聴いた事のないポストロックが話題を呼び
一躍シーンを担うバンドとして登場した彼ら♪
この強烈な個性は、必見ですよ!
『retreat! retreat!』
このビデオクリップでの演奏の激しさに、即一目惚れ!!
インストながらも、ストーリー性あるこの展開は
解放感ある中でも何かを願う強い意思、ここが自分の居場所なんだという
エモーショナルな世界に浸れるこの空間は、幸福感をも味わえてしまう♪
感情移入しすぎると、中毒症状が起きてしまう可能性大だ☆
国内盤:『Retreat! Retreat!』 『Hole』 ビデオクリップを収録したDVD付

2005年に発売された2ndアルバム 「One Time For All Time」 の国内盤は
既に3月に発売されているので、こちらも要チェックです!!
深い闇の中で鳴り響く美しいピアノ、得体の知れないものが迫り来る恐怖。
この予測のつかない劇的展開、うごめくデジタルな世界との融合。
ほんと久しぶりに、強烈なアドレナリンが出まくるバンドに出会えた☆
映像とのミスマッチぶりには、笑えたけどね。かわいいw
国内盤:ボーナストラック2曲と 『Radio Protector』 ビデオクリップを収録

人気ブログランキング ← 参考になった方は、こちらをクリックお願いします!
| 洋楽 【 K 〜 Z ... 】 | 18:28 | comments(0) | trackbacks(0) | q羽p |


ザ・レッド・ジャンプスーツ・アパラタス 「Don't You Fake It」
米フロリダ出身の5人組ポップパンク・スクリーモバンド
The Red Jumpsuit Apparatus が、遂に Virgin Records からデビュー!
先行シングル曲 『Face Down』 は、一般リスナー向けの曲という感じで
少し物足りなさがあったけど、『In Fate's Hands』 はやられました!!
※旧デモ曲 『Ass Shaker』
※MADDEN NFL 2007(PS2対応のアメリカンフットボールゲーム)にて
この曲が使われるそうです☆
シャウトが多いので好みがあるかもですが、逆にこれがいい☆
スクリーム(叫び)とエモーショナル(感情)を掛け合わせたジャンルが
スクリーモということで、感情をむき出しにして叫びながら歌うのが彼らの特徴♪
でも、これだけでは終わらない。
曲が終わったかのような静けさの後にくる、フェードイン
興奮しちゃいますよぉーw
そして、ひたすらコーラスとシャウトの繰り返し!
ビートが度々変化したりと、ドラムの存在も重要です☆
こんな感じで、激しい曲がほんとはメインだったりするのかなと思いきや
『The Acoustic Song』 のような、アコースティックで攻めてくる曲や
※アルバムに入っているかは?です、汗。 この曲のドラム、気持ちいい!
『Cat and Mouse』 のような、ピアノで攻めてくる曲もあったりで
このバンドは、軽く流せないです!!!
ここまで静と動を上手く表現できるとなると、他の曲調がすごい気になるw
ほんと、超期待出来るバンドですよ!
「みんな!これを聞いてくれ!」 ブログより・・・いいバンドを紹介ありがとう!
東芝EMIが自身を持ってオススメする夏のロックコンピ第2弾☆
フェス出演アーティストから旬のヒット曲、そして新人アーティストなど
最新のロック・シーンを一挙収録!
今回は、デイヴ・ナヴァロが結成した新バンド、Panic Channelの
アルバムからのリードシングル、マンドゥ・ディアオの新曲を
いち早く収録したオイシイ内容♪ 21曲収録されて2000円は、お得だ☆
このコンピに The Red Jumpsuit Apparatus の曲が収録されてますw
他にも、好きなアーティストばかり! これ、ほんとおすすめ!!
★☆★
RIDE
Various Artists

レーベルサイト
(2006/07/12)
試聴
東芝EMI
Amazonで詳しく見る
@TOWER.JPで詳しく見る


人気ブログランキング ← 参考になった方は、こちらをクリックお願いします!
| 洋楽 【 K 〜 Z ... 】 | 01:43 | comments(6) | trackbacks(3) | q羽p |


トム・ヨーク 『Black Swan』
日・米・英初登場1位を記録し、2003年のアルバム 「Hail To The Thief」 まで
2000万枚の売り上げを誇る Radiohead のフロントマン Thom Yorke が
初のソロアルバム 「The Eraser」 をリリース!!!
全9曲の演奏、ヴォーカルは Thom Yorke 自身が全て担当し
サウンドは全体的にビートが効いた、ポップなエレクトロニカ寄りの
Radiohead とはまた、一味違った世界観を打ち出しています。
でも、Radiohead の曲は 『There There』 を中心に
数曲しか聴いたことがないので、大きな違いが分からない、汗。
Thom Yorke が持つ匂いは消えていないので、相変わらず
異次元空間を彷徨うような、心地良さを感じるのは確かですけどね
強く刻まれるビート、そこへ不思議な音がループしてくるあたり
彼なりの、新しい試みだったりするのかな☆
キアヌ・リーブス主演で9月に全米公開になるSF映画 「スキャナー・ダークリー」
エンディングテーマ決定! 予告編
日本盤:日本盤のみ英詩および歌詞対訳つき&先行発売(輸入盤は7/11)
特殊紙ジャケット仕様
☆★☆
The Eraser
Thom Yorke

オフィシャルサイト レーベルサイト MySpace
(2006/07/05)
試聴 ※1・2・5・7ch ダウンロード 着うた
ワーナーミュージック・ジャパン
Amazonで詳しく見る
@TOWER.JPで詳しく見る

A SCANNER DARKLY ブラック・スワン
人気ブログランキング ← 参考になった方は、こちらをクリックお願いします!
| 洋楽 【 K 〜 Z ... 】 | 17:10 | comments(7) | trackbacks(4) | q羽p |


テディ・ガイガー 『For You I Will』
全世界が最も注目する、ニューヨーク州出身の17歳(現役高校生)
シンガーソングライター Teddy Geiger が、3/21に全米デビューし
ビルボードチャート初登場8位を記録!
そんな彼が、遂に日本デビュー☆
アルバム中ではギター、ピアノ、ベース、ドラムも演奏するマルチプレイヤー。
楽器は独学でマスターし、8歳の頃にはギターやピアノで
複数のパートからなる曲を作り、アレンジしていたというから驚きだ。
その若さに似合わない洞察力で洗練された曲を書き
ビリー・ジョエル、ジョン・メイヤー、ベン・フォールズなど
そうそうたるアーティストと比較されるほどのメロディー・メイカー♪
『For You I Will』 のように、アコースティックサウンドに
バンドサウンドが加わる瞬間の勢い、すごく好きなんだけど
『Try Too Hard』 のアコースティックのみの方が好きだなぁ☆
というよりも彼のスモーキーボイス、ほんと心にじんわりと沁み込んできます♪
17歳にして、この実力はすごい!!
あっ今気付きましたが、『For You I Will』 は Album Version なので
終始アコースティックでした!(ストリングスあり)
それも、後半のギターペースがハイ(3拍子)になっていくあたり
アレンジ力もすごい!!
このアルバムは、ほんとおすすめです!!!
全曲 Album Version と表示してあるってことは
輸入盤とサウンドが違うってこと?
6/14 TEDDY GEIGERアコースティック・ライブ for You I will
※各サイトに、ライブ招待プレゼントinfoがあるのでチェック!
詳しくはレーベルサイトのinfoを。6/7〜8〆
日本限定盤:ボーナストラック2曲、2ヶ月限定特別価格

人気ブログランキング ← 参考になった方は、こちらをクリックお願いします!
| 洋楽 【 K 〜 Z ... 】 | 23:57 | comments(4) | trackbacks(0) | q羽p |


オルソン 『No Tomorrow』
UKで話題沸騰中のハリウッド出身5人組バンド Orson の1stアルバム
「Bright Idea」 がリリースされます☆
Orson が初めてリリースした楽曲 『No Tomorrow』 は
Apple の iTunes 歴史上、最高の週間シングルダウンロード数をマークし
「ザ・ローリングストーンズとシザー・シスターズの
足りなかったものを持ち合わせたバンド」 と Radio1が大絶賛!
それくらい人を惹きつける、魅力あるナンバーということだ♪
出だしのドラム、ツインギター、ボーカルの入り方にキャッチーなメロが
全てを物語っているかのよう。
ダンサブルなのに落ち着きがある、クールな(ちょい不良)ロックって感じ☆
少し物足りなさが残るのだが、アルバムを通して聴くとこれがまた
一曲一曲違う魅力を持っているので、次の曲で穴埋めされるというか
ほんと不思議バンドだわ。
5曲目あたりから、パワー全開でなだれ込んで
徐々に落ちて一気に回復するあたり、他のバンドには無いものが
しっかりとアルバムに詰まっている!
日本デビューまで待ちきれない人、続出!?
★☆★ Orson
Bright Idea [from UK] [Import]
Orson

オフィシャルサイト ※全曲試聴出来ます
(2006/05/29)
フル視聴 MySpace
Mercury
Amazonで詳しく見る
日本限定初回盤:ボーナストラック2曲収録&期間限定プライス 1,980円
検索用 オルソー
人気ブログランキング ← 参考になった方は、こちらをクリックお願いします!
| 洋楽 【 K 〜 Z ... 】 | 18:55 | comments(6) | trackbacks(2) | q羽p |


シガー・ロス 「サイグロウプル-来日記念盤」
シガー・ロスの来日公演を記念してリリースされる、日本独自企画盤☆
日本未発表曲3曲+4thアルバムより2曲+ミュージックビデオ2本を収録。
芸術作品とも言えるほど崇高で、独特の世界観をもったこのビデオ。
『Hoppipolla』
年をいくつも重ねると、やるべきことが少なくなる。
その分、自由が増えるのだが、意志や体は思うようには動かない。
そんな固定観念を覆すべくこの映像は、現在と過去という
かけ離れた時間の歪みをなくし、一体となって幸せの意味を表してくる。
始まりの右側からしか聴こえない孤独なピアノから一転し
力強いピアノとストリングスが入ることによって
恐れるものは何もない、という解放感が一気に広がってくる。
それは、誰しも持っていたもの。
そして、誰しもまた望むもの。
前へ進むことの勇気を音として、純粋で信じる心を歌として
表してくる彼らの音楽を聴いていると、自分の不甲斐なさに改めて
気付かされるのであった。
ほんと聴いていると心が洗われ、泣けてきます。。。
『Glosoli』
これも同様な奥深さがあり、受けるものが大きい。
大地を踏み出す音を中心とし、その周りにいる歌や音たちが温かく包みあげる。
その壮大な世界はやがて走り出し、とてつもなく大きな鳥となり
羽ばたくのだが・・・
なんともやるせない気持ちを、最後には残してくる。。。
そこから膨らむ空想の世界は、個々が持つ夢にゆだねられる。
“ここで終わりたくない”
CD-EXTRA仕様: 『Glosoli』 『Hoppipolla』 のミュージックビデオ収録

人気ブログランキング ← 参考になった方は、こちらをクリックお願いします!
| 洋楽 【 K 〜 Z ... 】 | 16:19 | comments(0) | trackbacks(2) | q羽p |


ケイティー・タンストール 「Eye to the Telescope」
スコットランド出身 (中国人とスコットランド人の血を引く) の
女性シンガーソング・ライター、KT Tunstall。
英BBCの 「Sound of 2005」 に選出され、UKでは2005年の1月にデビュー。
以来ヨーロッパを中心に大ヒットを記録、数々の年間アルバムチャート上位獲得!
そして 「Brit Awards 2006」 では British Female Solo Artist を受賞☆
そんな彼女が遂に日本デビューということで、注目されること間違いなし!
流れ的には、ゆったりと心地良い 『Other Side Of The World』 や
『Under The Weather』 が取り上げられそうだが、個人的には
『Black Horse & the Cherry Tree』 が好きだ♪
このブルージーな歌に刻まれるギターは、カッコよすぎでしょう!
思わずこちらもイスを叩いたり、ハンドクラップしそうな勢いで聴いてしまう、笑。
ラストなんかもう (>_<) 渋い!
この違いは何なんでしょうね、二面性を持った彼女の歌に魅了されちゃいました☆

人気ブログランキング ← 参考になった方は、こちらをクリックお願いします!
| 洋楽 【 K 〜 Z ... 】 | 19:07 | comments(2) | trackbacks(0) | q羽p |