<< August 2016 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
Who am I ? -SV-
FREESPACE 1
※お知らせ※
誠に勝手ながらこのブログを
10月末にて終了させていただきます。
今までチェックしてくれたみなさん
ありがとうございました!!!
新しいブログはこちらです☆
★気になる君★
またチェックしてもらえたら
嬉しいです!よろしくです!!


歌詞が無い場合はLINKページで
他の歌詞検索サイトをチェック♪


カード型USBドライブ「U510」
日本語マニュアルが付属しているのは
U510 Shop だけ!
CATEGORY
ARCHIVES
FAVORITE SONG
フラワーカンパニーズ
『深夜高速』
MP3 WMA 無料
世田谷夜明け前

生きててよかった 生きててよかった


生きててよかった そんな夜を探してる





うつ病・睡眠障害・薬物依存 Q&A


うつ・不安啓発委員会 UTU-NET


社会不安障害情報サイト SAD NET


社会福祉ネットワーク ひきこもり情報


金曜かきこみTV いじめ掲示板
 
SEARCH
FREE SPACE
FREE SPACE
RSS 1.0  ATOM  0.3
みんなのブログポータル JUGEM
SEO|SEO対策
SEO対策でアクセスアップ

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | スポンサードリンク |


ブログ日々更新中!
最近はブログを書かず、、
NAVERまとめばかりやってます!

主に、オーディション関係と新曲関係をまとめてるので
よければ、あちらでお気に入りしてもらえると嬉しいです☆

ツイッターしてる人は q羽p をフォローすると、もれなく
アップ情報が、ツイーてきますw笑

以上、広告対策のひとりごとでしたww
| 色々情報 | 17:19 | comments(0) | trackbacks(0) | q羽p |


2005-2011
愛する人が居なくなった。

これから先、愛されるはずだった
僕の心も、同時に無くなってしまった。

大切な人を支える力が失われ
一人で立てなくなった、今

フラつきながら、何度も何度も
掴めぬ空を手探りするしかなかった。

 そこに居るんだろ?
  抱きしめてくれよ。
   闇に落とされそうで
  自分のことさえも
 信じることが出来ないんだ。。

このまま、生きていていいのかって。

あの時こうしていればと、泣け暮れる日々。
なのに枯れること無い、僕の中の水。

行ったり来たり、疲れ果てていた
そんな、ある日のことだった。

  誰かが消してくれる
  誰かが消してくれる


抑えていた水が、一気に放たれた。
その“誰か”の歌声に、共鳴した表れだった。

僕はそれ以来、心、非するのを止めた。

その“誰か”を探すという、使命をもらったから。
同じように僕も、みんなにとっての誰かを
見つけて、癒してあげたいんだ。

ただそれだけの為に、今、、生きているんだ。
| 色々情報 | 19:14 | comments(0) | trackbacks(0) | q羽p |


YUI 「It’s all too much」 フル視聴
相変わらず鋭いキレがあって、映画 「カイジ」 の主題歌にピッタリだね♪
PVは、白バージョンの方が好きだなー☆
キュートでカッコいいw
バックバンドは、e.u.Band になるのかな?
ドラムのリズムがいいから、このバンドも気になる!

動画フル視聴は ♪こちら♪

01. It’s all too much
02. Never say die
03. again ~YUI Acoustic Version~
04. It’s all too much ~Instrumental~

評価:
YUI,YUI,近藤ひさし,e.u.Band
SMR
---
(2009-10-07)

| YUI | 22:23 | comments(0) | trackbacks(0) | q羽p |


映画 「エリ・エリ・レマ・サバクタニ」
              Eli,Eli,Lema,Sabachthani?
             神よ、何ゆえに我を見捨てたもうや

     (主イエスが十字架に貼り付けられながら唱えた最後の言葉)

              −音、それは未来への希望だ。−
西暦2015年。日本をはじめ世界中に正体不明の致死ウィルスが蔓延していた。メディアはこれを“レミング病”と呼んだ。感染者は“自殺”という方法で死に至ってしまう病だった。人々が希望を見失いかけ、絶望感に満ちた世界で、唯一の抑制方法が探しあてられる。それは、静かに暮らしているミュージシャンのミズイ(浅野忠信)とアスハラ(中原昌也)が奏でる“音”を聴くこと。そんな彼らに“レミング病”に感染してしまった孫娘ハナ(宮崎あおい)を助けて欲しいという富豪の家長、ミヤギ(筒井康隆)が現れる…。果たして彼らの“音”はこの絶望感に満ちた世界を救えるのか?
音楽を題材とした映画が観たくて、レンタルしてきました。
でも忙しくて、結局返さなきゃいけない前日深夜に一度だけ鑑賞を。
何の予備知識の無いまま、それも最悪な心理状態で観たので
最初から訳分からず、どうにか(精神異常に)なりそうだった。。。

■思ったこと1
自殺した後の遺体が、映像的には半分隠れてはいるものの
頭の中で生々しく描き出されてしまうので、正直観てるのが辛かった。
その遺体に対してのミズイとアスハラの反応は、そこにあるのが当たり前
かのように無反応・・・。
そして、首吊り自殺というものは林や家の中とかでするのが普通だと思うが
まさか道路沿いに、それも景色の一部となっているあたり
この映画の中では、それが普通で。
精神不安定の人は観ないほうがいい。
映像の世界と現実の世界との区別が、つかなくなりそうだ。

■思ったこと2
音は、未来への希望?
映画の中でも言っていたが、音が病気を殺すのではなく
音が病気の餌になっているのだ。
音は麻薬と同じで、中毒症状を起こす。
音楽が無いと生きられない、と言うのはその為だ。
そもそも音楽には、不安を取り除く作用がある。
取り除かれたあとにくる快楽が、病み付きになり
音の世界から、抜け出せなくなる。
それはいつの間にかエスカレートし、一般的な音に満足出来ず
聴いたことのない、不規則なノイズミュージックにハマってしまう。
ノイズミュージックは、母体の中にいたときの音に似ている気がする。
それは命溢れた“生”で、そして“安心感”を与えてくれる音なのだ。
映画を観ている最中に眠くなるのは、この安心感からだろう。

■思ったこと3
ノイズミュージックを聴いていたにも関わらず、自殺したのは
“病気の自殺”ではなく、“本気の自殺”だったから。
今の世の中、この“本気の自殺”が主なわけだが
自分の存在や価値がない状態、やるべきことがない状態になると
そうなってしまうのだろう。
自分で自分を否定する・・・。
もしそんな人がいたら、肯定してあげて下さい。
苦しみを、分かってあげて下さい。
不安がなくなるまで、そばにいてあげて下さい。
そして、何でもいいから話をして下さい。
一人ではないということを、気付かせてあげて下さい。

豪華版: ブックレット+芥川賞作家:阿部和重がディレクションを手掛けた
メイキング他収録の特典DISC付き2枚組仕様
★☆★
エリ・エリ・レマ・サバクタニ (豪華版 2枚組)
出演: 浅野忠信, 宮崎あおい
監督: 青山真治

オフィシャルサイト
2006/01/28 全国公開映画
(2006/07/26)
サントラ 曲目 インタビュー
バップ
Amazonで詳しく見る 22%off
※画像は通常版のものです

■思ったこと4
ミズイ(浅野忠信)を見ていたら、RADWIMPS の新曲
『セツナレンサ』 のジャケとリンクした。
彼らの音楽には、強い中毒性がある。
精神安定剤のひとつ、もし無くなることがあるとしたら・・・。
未来が、少し恐い。

■思ったこと5
ある人の言葉と、リンクした。
「希望の中に絶望が存在する 絶望の中に希望が見える
 見えるだけ 希望の中に希望があった」
未来の中に逃れられない現実があって、でもその現実の中に未来が見える。
今は見えるだけでも、その未来の中にある夢からは離れたくない。
だから・・・
突然ですがこのブログを休止し、また新しい場所から探し歩きたいと思います。
そう思えたのもこの映画に出会ったからで、ある人の言葉が
あったからかもしれない。
正直、今の自分は音楽中毒で音楽のことしか頭になく
生活リズムがおかしくなっています。

「自分をコントロール出来ない自分を変えたい」

自由は、自分の手で切り拓くものだ。

最後に・・・

アスハラ(中原昌也)のライヴハウスでの演奏を、もう一度聴きたい!
最高だったーーー♪ ※似た音を試聴(3曲目後半) 他試聴

人気ブログランキング ← 参考になった方は、こちらをクリックお願いします!
| 色々情報 | 00:09 | comments(9) | trackbacks(81) | q羽p |


サンシャイン・アンダーグラウンド 「Raise the Alarm」
キャッチーなメロディと、ダンスフロアを意識したサウンドで人気の
英リーズ出身、4Pバンド The Sunshine Underground のデビューアルバム
「Raise the Alarm」 がリリースされます☆
The Music、The Killers など、ダンスロックなバンドが好きな人におすすめ!
日本ではインディレーベル数社が取り合いをするほど、アルバムの完成度は高く
1曲目から、重厚なベースが強烈な印象を残してきます!
2曲目 『Put You in Your Place』 は、さすが2ndシングルとなっている
だけあって、いつの間にか彼らのペースにハマっちゃいます♪
独特なボーカルの世界を、安定したダンサブルなビートがうまく抑え込むという
ハイテンションを超えそうになりながらも、ローテンションを保つ
このクールさ、カッコいい!!!
5曲目 『Commercial Breakdown』 は、3rdシングルとなった曲。
これまた、キャッチーだw
でも、そのひと言で片付けちゃいけない。
ベースをエフェクトしてるのかなぁ?
デジタル音に聴こえて、“ぶぉぉん”ってなる所、すごい好きw
6曲目、うわぁ!!こんな懐かしさ感じるしっとりとした曲もあるんだ♪
それも、音の使い方上手すぎです!!!
このアルバム全体的に、音のマジックが散りばめられてるから
聴いてて飽きない、素敵すぎる☆
10曲目 『My Army』 は、1stシングルとなった曲。
どうしても、ベースを追ってしまうw
後半の広がりは、気持ちよすぎでしょう!!
最後のベース音が、また。。。うわぁ。。。いいなぁ♪
ところで・・・
この全曲フル試聴出来るページ、やばいのかなぁ、汗。
でも、おかげで彼らの魅力が思う存分知ることが出来た!!
絶対これ、買いだわ
日本盤:期間限定スペシャルプライス、ボーナストラック4曲収録
★☆★
Raise the Alarm (期間限定価格盤)
The Sunshine Underground

オフィシャルサイト レーベルサイト
(2006/11/22)
フル視聴 MySpace
ソニーミュージックエンタテインメント
Amazonで詳しく見る

人気ブログランキング ← 参考になった方は、こちらをクリックお願いします!
| 洋楽 【 K 〜 Z ... 】 | 00:22 | comments(2) | trackbacks(2) | q羽p |